〜安心と信頼、そして確かな技術〜
社長挨拶・会社概要・会社の沿革など 工事実績を住宅・施設・土木に分けて表示しています。 長期性能保証のご案内と説明 塗装に関するQ&Aをまとめてみました。
トップページへ戻ります。和田塗装工業では長期性能保証組合に加入しています。カラーシュミレーションを体験できます。「戸建住宅」、「集合住宅」の改修工事価格のシミュレーションを行う事ができます。お見積り依頼・お問い合わせはこちらからどうぞ。

 塗装手順(塗り替え)のご紹介
■(株)和田塗装工業が行う塗装工事の一般的な手順をご紹介します。※現場の状況や使用する工法により違いがありますので、すべてがこの手順で行われ訳ではありません。ここで紹介する手順はごく一般的な工法です。参考程度にご覧下さい。
@現場チェック
D高圧洗浄
H錆止め塗装(下地材)
Aもっとチェック
Eケレン(錆落とし)
I塗装(2〜3度塗り)
B足場の搬入・組立
Fシーリング
J足場の撤去・片づけ
C養生・汚れ防止
Gシーラー(下地材)
K確認後、完成
■工程を見ると分かると思いますが、「塗装」の段階までに必要な手順が多くあります。塗装は「下地処理」をきちんとすることで美しさが持続するのです。(女性のお化粧で言うと「化粧水」や「乳液」で肌を整えて「ファンデーション」を塗る様なことです。)単に色を塗ることが塗装業者の仕事ではないのです。

 重要な箇所を部分的にチェックしてみましょう!
@シールがボロボロ
A古いシールを除去
B養生・シーリング
C塗装して出来上がり
■外壁材の隙間を埋めているシール部分が時間経過と共に劣化してヒビが入っていました。古いシールを除去し、周りを養生して新しいシールを充填しました。その上にシーラー(下地材)を塗り、仕上げの塗装を2度塗りしました。
@錆と塗膜の剥がれ
Aケレン作業
B錆止めを塗装
C塗装して出来上がり
■駐車場の鉄骨が錆び付いてしまい、塗装が剥がれていました。十分にケレン作業を行い、錆や汚れを十分に落とします。そして、品質の良い錆止めをよく塗ります。品質の劣る錆止めを使うとまた錆が発生し、元に戻ってしまいますのでなるべく良い錆止めを使用して下さい。当社では陸橋や橋梁に使う錆止めを使用しています。その後、仕上げ塗装を2度塗りしました。